弁護士紹介Lawyers
弁護士
杉本 佳英Yoshihide Sugimoto
所属

東京弁護士会

来歴・実績等
来歴

弁護士登録後、民事事件・刑事事件を問わず幅広い分野で知見を得ながら、特に病院側を依頼者とする医療事件、企業法務全般において多くの実績を重ねる。
また、弁護士会活動経験(法友全期会執行部、業務委員会、春秋会執行部、広報委員会の幹事)、不動産ADRセンターの法律委員、法科大学院における後進育成活動などにはじまり、 上場会社を含む企業の社外監査役・社外取締役、社会福祉法人の監事、特殊法人の第三者委員を務めるなど、幅広い活動実績を有する。

執筆書籍
  • 民事弁護ガイドブック
    東京弁護士会法友全期会
    民事弁護研究会(共著)
    民事弁護ガイドブック
    ぎょうせい(2011年2月発行)
  • 交通事故実務マニュアル
    東京弁護士会法友全期会
    交通事故実務研究会(共著)
    交通事故実務マニュアル
    ぎょうせい(2012年2月発行)
  • 刑事弁護マニュアル
    東京弁護士会法友全期会
    刑事弁護研究会(共著)
    刑事弁護マニュアル
    ぎょうせい(2012年2月発行)
  • Q&Aでわかる民事執行の実務
    東京弁護士会法友全期会
    民事執行研究会(共著)
    Q&Aでわかる
    民事執行の実務
    日本法令(2013年2月発行)
  • スムーズな再生・清算のための倒産手続選択ハンドブック改訂版
    東京弁護士会法友全期会
    債務整理企業再生研究会(共著)
    スムーズな再生・清算のための倒産手続選択ハンドブック改訂版
    ぎょうせい(2012年2月発行)
  • 実践訴訟戦術 刑事弁護編やっぱり弁護士は悩んでいる
    東京弁護士会春秋会(共著)
    実践訴訟戦術 刑事弁護編
    やっぱり弁護士は悩んでいる
    民事法研究会(2016年2月発行)
  • 遺言書・遺産分割協議書等 条項例集 新日本法規共著
    東京弁護士会法友会(共著)
    遺言書・遺産分割協議書等 条項令集
    東京弁護士会法友会(共著)
担当研修、セミナー等
  • 各種企業研修
  • 企業不祥事・コンプライアンスに関するセミナー
  • 医療法人に関する相続対策・内部紛争・コンプライアンスに関するセミナー
  • ビルオーナー向けの各種セミナー
  • 個人向け相続セミナー
    等、法人、個人を問わず幅広い層に向けた講演活動を多数担当。
弁護士
松繁 三知代Michiyo Matsushige
所属

第二東京弁護士会

来歴・実績等
来歴

弁護士登録後、企業案件・個人案件を問わず幅広い分野において案件を手掛ける。
企業法務一般、商取引債権の保全・回収、労働事件、借地・借家紛争、交通事故、離婚・親権、遺言・相続、一般刑事・少年事件など多様な分野で実績を重ねた後、 あんしんパートナーズ法律事務所に入所。主な取扱業務は、企業法務全般及び労働事件。

執筆書籍
  • どう使う どう活かす いじめ防止対策推進法
    第二東京弁護士会子どもの権利に関する委員会(共著)
    どう使う どう活かす
    いじめ防止対策推進法
    現代人文社(2015年12月発行)
弁護士
圓山 貴久Takahisa Maruyama
所属

東京弁護士会

来歴・実績等
来歴

東京地方検察庁、福岡地方検察庁、京都地方検察庁にて約4年半に渡り検察官を務める。
捜査検事、公判検事として数多くの刑事事件を担当し、刑事法分野において知見を獲得する。
弁護士登録後は、その経験とノウハウを生かし、刑事弁護活動、刑事事件のリスクマネージメントをはじめとし、交通事故、医療事件、企業債権の回収など多様な分野での実績を重ねる。

弁護士(日本・ニューヨーク州)
伊与田 美幸Miyuki Iyota
所属

東京弁護士会

来歴・実績等
来歴

外務省専門調査員(国際法・在ドイツ)を経て弁護士資格を取得後、都内法律事務所に入所。
債務整理・破産事件、離婚事件、相続事件、労働事件、交通事故、刑事事件一般などの案件を幅広く手掛ける。
アメリカに渡りジョージワシントン大学LLMを修了後、ニューヨーク州弁護士登録。
帰国後、あんしんパートナーズ法律事務所に入所。主に企業法務一般、商標案件、国際取引案件、一般民事事件、家事事件を手掛ける。

中国弁護士
鄭 欣佳テイ キンカ / Zheng Xinjia
所属

上海市律師協会

来歴・実績等
来歴

中国華東政法大学大学院経済法学科卒業後、大成Dentons法律事務所に勤務。
中国律師(弁護士)資格を取得し、弁護士としての実績を重ねる。
日本への留学後、日本国内の一般企業での勤務を経て、あんしんパートナーズ法律事務所に入所する。
入所後は日本での社会経験と語学力を生かし、中国との国際取引における交渉、中国資本企業の支援、通訳・翻訳業務などを取り扱う。